トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 「神ノ牙」井上正大、向里憂香、松野井雅がファンと交流。次は一緒に見るオールナイト上映を希望!?

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 11/19

「神ノ牙」井上正大、向里憂香、松野井雅がファンと交流。次は一緒に見るオールナイト上映を希望!?

「神ノ牙」井上正大、向里憂香、松野井雅がファンと交流。次は一緒に見るオールナイト上映を希望!?

特撮ドラマ「牙狼<GARO>」シリーズの最新作であり、TOKYO MX(木曜深夜0:30)、BS11(木曜深夜2:00)、ファミリー劇場(日曜深夜0:00)で放送中の「神ノ牙‐JINGA‐」。そのスペシャル上映&トークイベントが、11月15日に東京・新宿バルト9で行われた。

主人公の御影神牙/ジンガを演じる井上正大、楓沙役の向里憂香、アミリ/アルヴァ役(声)の松野井雅が登壇。影煌騎士・狼是(劇中で神牙が変身する姿)も姿を見せ、会場に集まったファンの歓声を浴びた。松野井が司会を務めたが、初めての経験に緊張気味。シリーズのイベントへの出演が初めてだった向里も緊張を隠せなかったが、井上がフォローしたり、2人の発言に突っ込んだりしつつ、イベントは進行した。

3人のあいさつの後、この時点で放送済みだった第6話(EPISODE00~EPISODE05)の中から、スタッフ・ファンの投票によって選ばれた、EPISODE04「疑念/目覚」が3人の生コメント付きで上映された。3人は劇中のせりふを再現したり、ストーリーへの感想を述べたりしながら上映を楽しみ、「水辺のシーンは屋台舟が何隻も通って、その待ち時間が長かった」(井上)と裏話も披露。上映後はEPISODE04も含めた各話の撮影時のエピソードを語り合った。

続いてテレビ放送に先駆けてEPISODE6「表/裏」が上映。この回で、井上が1人2役で演じている魔戒騎士・神牙と、ホラー・ジンガの対面会話及び対決がついに実現し、ファンは息をのんでスクリーンを見つめた。上映後、井上は対決シーンを、「現場ではジンガジンガと呼ばれていたんだけど(笑)、いろいろな技術を使い、スタッフさんの総力を結集して撮影した」と振り返った。「時間がかかったし、大変だった」という言葉に実感がこもるとともに、完成した映像に手応えを感じているようだった。

会場のファンからの質疑応答、プレゼント抽選会が行われた後、イベントはフィナーレへ。松野井が「ファンの皆さんさんと同じ時間を共有できて、ディープな会話ができる貴重な機会でした。また同じような機会があればいいなと思います」とあいさつ。向里が「皆さんの期待を裏切らない作品ですので、最後まで楽しんでご覧いただければ。今日はありがとうございました。また明日から頑張りましょう」と続け、井上が「スタッフもキャストも、少しでもいい作品になるようにと気持ちを込めて頑張っています。次はオールナイト一挙上映を開催して、皆さんと一緒に見られればいいなと思います。そのためにも『神ノ牙-JINGA-』の応援と、お力添えをお願いします」と締めくくり、イベントは幕を下ろした。

「神ノ牙‐JINGA‐」はTOKYO MX、BS11、ファミリー劇場のほか、バンダイチャンネル、dTV、U-NEXTなどでも順次配信中。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン