トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 「天才バカボン」に大塚寧々から旬の若手芸人まで豪華キャストが集結!

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 04/16

「天才バカボン」に大塚寧々から旬の若手芸人まで豪華キャストが集結!

「天才バカボン」に大塚寧々から旬の若手芸人まで豪華キャストが集結!

日本テレビ系で5月4日に放送される「天才バカボン3~愛と青春のバカ田大学」(午後9:00)の新たなキャストが発表され、大塚寧々、ネプチューンの堀内健、カミナリ(竹内まなぶ、石田たくみ)、ANZEN漫才(みやぞん、あらぽん)、ミキ(昴生、亜生)、同局の桝太一&水卜麻美アナウンサーらが出演することが決まった。

同作は、赤塚不二夫氏の国民的漫画「天才バカボン」を原作に、くりぃむしちゅーの上田晋也がバカボンのパパ、松下奈緒がバカボンのママを演じ、2016、17年に同系で放送されて話題となった実写ドラマの第3弾。今回は、「青春のバカ田大学なのだ!」「NEWバカボン誕生なのだ!」「愛と友情のバカ田大学なのだ!」の3話のオムニバスで構成され、バカボンのパパの学生時代の恩師・紙一重教授(西田敏行)らとのエピソードが描かれる。

バカボンのママと交流のある黒百合女学院の助教授・純子役の大塚は、「もともとアニメ『天才バカボン』が大好きだったので、実写ドラマの世界に入ることができて、すごくうれしいです。演じる純子は、主人のことを支える“昔ながらの日本女性”という役で、『自分とは全然違うので、どうしよう…』と思いながら撮影に臨みました。西田さんと一緒にお芝居をさせていただいたことは、ただそれだけで幸せです」と出演を喜ぶ。

バカボンのパパの学友・メイ役を演じる堀内も、「久しぶりのドラマの現場は、とても楽しかったです。『バカ田大学』の学生役で出演オファーが来た時は、『やっぱりな』という感じでした。ただ、紙一重教授役の西田さんが一番『バカ田大学』っぽかったので、西田さんには負けちゃったかな」と冗談を交えながら、楽しい撮影だったことを明かしている。

カミナリ・まなぶは「早稲田大学に6年半通って、40単位しか取れなかった自分にはぴったり」、たくみは「ちゃんとせりふもありますし、ドラマを見たら『カミナリが出た!』と一発で分かると思うので、楽しんでいただければ」と話す。ミキ・昴生は「ドラマ初出演、本当にうれしいです。撮影は、めちゃくちゃ緊張しました」、亜生は「役者の人が、いかにすごいかを体感できる貴重な経験になりました」と、感慨深いようだ。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン