トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > ルビー・モレノ、16年ぶりに地上波ドラマに出演

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 04/15

ルビー・モレノ、16年ぶりに地上波ドラマに出演

ルビー・モレノ、16年ぶりに地上波ドラマに出演

1992年にフジテレビで放送されたドラマ『愛という名のもとに』で、一躍日本中にその存在を知らしめたルビー・モレノが、4月15日(日)に放送される、沢村一樹主演のドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室』(テレビ朝日系、21:00~)に出演することがわかった。地上波ドラマの出演は実に16年ぶりになるという。

沢村主演の本作は、防犯カメラ、GPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進めるといった “情報”に対応する警視庁の架空の新設部署「IR分析室」を舞台にした新感覚の刑事ドラマ。本来の設立趣旨とは異なり、実際は捜査一課のサポート役、つまり“下請け”のようなポジションを担う日々だが、元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村)が、バディを組む部下・泉本乃梨子(伊藤歩)と共に、情報とテクノロジーを駆使した捜査と、刑事らしい足を使った捜査で、事件の真相を暴いていく。

事件の裏に隠された2人の女性の物語。それを探る深町にある重要な情報をもたらすことになるのが、ルビーが演じる女性だ。今作でどのような存在感を見せるのか、注目が集まる。

今回の出演に、ルビーは「16年ぶりの地上波ドラマでキャスティングしていだき、監督の和泉聖治さんには感謝しております。映画『修羅の伝説』以来26年ぶりの再会でした。とても楽しかったです。お芝居をもっとやりたいです、これからもドラマ・映画に挑戦したいです。どうぞよろしくお願いします」とコメントを寄せている。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン