トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 佐々木希×夏菜×中川翔子×徳永えりが人生のターニングポイントに!? リアルなアラサー女子の日常を描く「デイジー・ラック」

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 04/14

佐々木希×夏菜×中川翔子×徳永えりが人生のターニングポイントに!? リアルなアラサー女子の日常を描く「デイジー・ラック」

佐々木希×夏菜×中川翔子×徳永えりが人生のターニングポイントに!? リアルなアラサー女子の日常を描く「デイジー・ラック」

“アラサー女子”と聞いて皆さんはどんなイメージを持たれますか? 「まだまだ若い」と思う人もいれば、「もう自立した立派な大人でしょ」と思う方、「ちょっと痛々しいかも…」なんて思う方、イメージは人それぞれですが、そんなアラサー女子たちの日常をほほ笑ましいタッチで描いたドラマ10「デイジー・ラック」(NHK総合)が、4月20日にスタートするのをご存じでしょうか? 海野つなみ氏の人気コミックが原作で、幼なじみ4人のアラサー女子たちが、仕事に、恋に、もがき苦しみながらも自分らしい幸せを見つける物語です。そして、30歳目前で仕事と恋人を失った山城楓役を佐々木希さんが、エステサロンの営業職として仕事にまい進する周防薫役を夏菜さんが、独特の美意識を持つ極貧のバッグ職人・讃岐ミチル役を中川翔子さんが、専業主婦となった新婚の岩代えみ役を徳永えりさんが演じ、アラサー女子のリアルで切実な世界観を見事に映し出しています。

物語は、かつて自分たちを「ひなぎく会」と名付けて集まっていた楓、薫、ミチル、えみの幼なじみ4人が、えみの結婚式で久しぶりに再会するところから始まります。そして、まさにその日、楓は勤務先が倒産し、恋人からも振られてしまい、30歳を目前にして恋も仕事も失うことに。楓は子どもの頃からの夢だったパン職人修業を始めようと決意しますが…。第1回で描かれる、楓のどん底からはい上がった新しい人生の始まりとともに、第2回以降、薫、ミチル、えりの日常も思いがけない展開を見せていくことになります。

先日行われた試写会後の会見には、佐々木さん、夏菜さん、中川さん、徳永さんが登壇。佐々木さんは「絶賛撮影中ですが、本当にこの『ひなぎく会』でいる時間が楽しくて、撮影に行くのがうれしいです。撮影以外でも30代のあるある女子トークをしています」と、夏菜さんは「楽しく撮影していて、カットがかかってもずっと話していたり食べていたりしています。それが映像に反映されていたらいいなと思いながらやっています」と話すと、徳永さんも「うそじゃないんです、ひなぎく会4人の仲の良さは。そんなすてきな空気感が、画面を通して皆さんに伝わればいいなと思っています」とアピール。また、中川さんは「アラサーとして共感できるシーンが山ほどある作品で、好きなことを貫いて生きてきた、だからこそいつの間にか“あれ、私こんなところにいていいんだろうか?”“周囲から引かれてしまっているんだろうか?”とか、いろいろ頭の中で悩んでいたことがドラマで実際に描かれています」と、見どころを語ってくださいました。本作通り、息ぴったりの仲良しトークを展開した皆さんですが、徳永さんがおっしゃっていたように、その空気感が作中にどう反映されているかも注目したいですね。

四者四様の不安や悩み、そして前への進み方。アラサー世代の方はもちろん、そうでない方も、自分自身や身近な人たちとどこか共通する部分、共感する部分が少なからずあるのではないでしょうか。そして、彼女たちを取り巻く人物として登場する鈴木伸之さん、桐山漣さん、磯村勇斗さん、長谷川朝晴さん、栁俊太郎さん、矢野聖人さんらイケメン俳優陣もぜひチェックしてください。不安を抱えるアラサー女子に共感しながらも、日常ではなかなか出会えないであろうイケメンたちにちょっとだけ夢を見させてもらえる…かもしれませんよ。

NHK担当 Y・S

【番組情報】「デイジー・ラック」 4月20日スタート NHK総合 金曜 午後10:00~10:45

 
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン