トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾「7.2新しい別の窓」初回放送でライブ&ホンネトーク。大杉漣さんへの思いも

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 04/03

稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾「7.2新しい別の窓」初回放送でライブ&ホンネトーク。大杉漣さんへの思いも

稲垣吾郎&草彅剛&香取慎吾「7.2新しい別の窓」初回放送でライブ&ホンネトーク。大杉漣さんへの思いも

インターネットテレビ局・AbemaTVは稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾によるレギュラー番組「7.2(ななにー)新しい別の窓」の初回放送を4月1日午後5時から生放送した。同番組は、昨年11月に同局で生放送された「72時間ホンネテレビ」で話題を呼んだ稲垣、草彅、香取が出演する開局2周年を記念した新番組で、毎月第1日曜日の午後5時から7.2時間の生放送を予定しており、毎回、豪華なゲストが登場するのも見どころだ。また、SNSを通じて視聴者とつながる企画もあり、SNSを本気で遊び倒す世界初のSNSバラエティーとなっている。

初回放送では、ゆずと稲垣、草彅、香取による「生ゲリラLIVE」からスタート。500人の観客の前で、「夏色」「いつか」「タッタ」の3曲を披露。その後、ゆずのおすすめスポットの温泉施設に移動し、足湯につかりながらトークを展開した。生ライブの選曲について、ゆずの北川悠仁は、「『いつか』は、『72時間ホンネテレビ』で皆さんが歌われて、草彅さんがスタッフの方たちに曲が良かったと伝えてくれたみたいで。絶対にこの曲は入れたかった」と明かした。そして最後に、ゆずから「栄光の架け橋」をサプライズで演奏され、3人は感動した様子。

その後は、「SNS花見」として、視聴者から番組SNSに投稿された全国の桜の写真をバックにお花見を開催。ゲストにキャイ~ンの天野ひろゆき、石田純一、紅蘭、岡井千聖、韓国のガールズグループ・GFRIENDが登場し、ゲームで盛り上がった。

次は稲垣、草彅、香取による生ライブが行われ、「72時間ホンネテレビ」のテーマソング「72」、パラスポーツ応援チャリティーソング「雨上がりのステップ」、そしてこの番組のテーマソング「72かのナニかの何?」を初披露し、会場を沸かせた。

続いて「1hourホンネトーク」では、ヒロミとユースケ・サンタマリアと共に、SNSを通じて“聞きたいホンネ”を募集しながら、トークを繰り広げた。昨年からSNSをスタートさせた3人だが、稲垣は「芸能界にいる時間は長いですが、今まで見せてこなかったことが多いので、SNSで公開するのは新鮮なんです」とコメント。また、最近の活動について香取は、「今、新しいこと、やりたいこと、楽しいことができていて、びっくりするくらい幸せです」と明かし、草彅は「舞台稽古に電車通勤しているんですが、電車通勤が20年ぶりくらいで、とても新鮮です」と語った。

その後、草彅がファンだと公言する斉藤和義が登場し、一緒に「歩いて帰ろう」を熱唱。草彅は「大杉漣さんに斉藤さんのライブに連れて行っていただいたんです。ギターを始めたのは漣さんの影響が大きくて。漣さんのことを思いながら弾きたいと思います」と話し、一番好きな曲だという「僕の見たビートルズはTVの中」を斉藤と共に歌い上げた。

最後の対決コーナーには、江頭2:50が参戦。ユースケの進行のもと、草彅と江頭が、角度が徐々に上がっていくV字の滑り台の上で、どちらが最後まで落ちないでいられるかを競う「ギリギリスパイダーマン対決」を決行。結果は斜度が65度のところで、江頭が落下し、草彅が勝利。江頭は赤い粉まみれになりながら「バイトの時間だ!」と言い残し、スタジオを後にした。

次回の放送は5月6日(日)午後5時から。本放送を見逃した人も、期間限定で視聴が可能となっている。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン