トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 藤原夏海が喜びとプレッシャーで感極まって涙。「メジャー」続編への熱い思いを告白

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 03/14

藤原夏海が喜びとプレッシャーで感極まって涙。「メジャー」続編への熱い思いを告白

藤原夏海が喜びとプレッシャーで感極まって涙。「メジャー」続編への熱い思いを告白

NHK Eテレで4月7日にスタートするアニメ「メジャーセカンド」(土曜午後5:35)の試写会が行われ、メジャーリーガーを目指す主人公の小学生・茂野大吾役の声優・藤原夏海、佐藤光役の西山宏太朗が出席した。

同作は、満田拓也氏の人気漫画「MAJOR」を原作に、2004年から10年まで6シリーズにわたって放送された人気アニメ「メジャー」の続編。藤原は「とても多くの方に愛された、大きな作品の続編なので、喜びとともにプレッシャーもありました。いろんなものが詰まった作品です」と感極まって涙を流しながら、作品への思いを語った。

今作では、前作でメジャーリーグに挑戦したプロ野球選手・茂野吾郎(森久保祥太郎)の息子・大吾を主人公に、父と同じプロ野球の道を志すストーリー。父のような身体能力には恵まれていない大吾が、一度は野球から離れながらも、親譲りの情熱を燃やす姿が描かれる。

藤原は「周囲を巻き込むタイプの父親の吾郎とは違って、大吾は繊細なところがある。冷静だけど、たまに感情が爆発することもあるので、どう演じようか考えるのが楽しい」と役柄をアピールし、「あまり表には出さないけど、負けず嫌いなところとか、私とも似ている部分が結構あります」と告白。それに対し、西山が「よく表に出ていますよ。アフレコでもブツブツ声に出てしまって、こだわりが強いところまで大吾に似ている」と暴露する場面も。

また、前作のもう一人の主人公・佐藤寿也の息子・光を演じる西山は、「小学生役なので、どう表現しようか悩みましたが、前作はお父さんのストーリーなので、どのように育てられたのかを想像しながらキャラクターを作り上げました。大きなヒントになりました」と、続編ならではの役作りができたことを明かした。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン