トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 劇場版最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」公開前の特別企画!! 1時間SPと映画のプレストーリーを放送

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 03/12

劇場版最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」公開前の特別企画!! 1時間SPと映画のプレストーリーを放送

劇場版最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」公開前の特別企画!! 1時間SPと映画のプレストーリーを放送

日本テレビ系で放送中の「名探偵コナン」(土曜午後6:00=読売テレビ制作)の3月31日の放送回では1時間スペシャルとして、2000年に放送された人気エピソード「呪いの仮面は冷たく笑う」(午後5:30)のデジタルリマスター版を、4月7日の放送回「ケーキが溶けた」では、4月13日に公開される劇場版最新作「名探偵コナン ゼロの執行人」とのコラボレーション回をおくる。劇場版のゲスト声優や主題歌発表などが話題を呼ぶ中、春からのテレビシリーズも、さらに盛り上がりを見せている。

3月31日放送回は、チャリティーショーへの出演を依頼された毛利小五郎(小山力也)は、江戸川コナン(高山みなみ)、娘の蘭(山﨑和佳奈)と共に主催者の蘇芳紅子の屋敷へ向かう。しかし、その途中、道をふさいでいた倒木には「蘇芳のチャリティーに参加するな、後悔するぞ。呪いの仮面の使者」と書かれた紙が貼られていた。小五郎たちが屋敷に着くと、同じチャリティーショーに出演する写真家の片桐正紀、プロ野球選手の松平守、タロット占い師の長良ハルカがやってくる。屋敷は東側と西側に分かれ、東西がつながっている仮面の間には、所有者に呪いがかかるといわれるショブルーの仮面200枚が飾られていた。蘇芳が社長を務める芸能事務所の人気ボーカリスト・藍川冬矢は事務所にも手紙が届いたことを報告。手紙には「今宵 呪いの仮面は生き血を啜る 呪いの仮面の使者」と書かれていた。深夜、呪いの仮面の使者と名乗る人物の事件をほのめかす電話で起こされたコナンたちは、寝室で絶命した蘇芳を発見。ショブルーの仮面が散乱した現場の寝室は、内側から鍵がかけられた密室だった。コナンのひらめきが密室トリックの謎を解く。

4月7日放送回は、朝、コナンと小五郎、蘭が喫茶ポアロに行くと、小型冷蔵庫に入れていた安室透(古谷徹)の特製ケーキの形が崩れるという事件が起きる。同じことは何度もあったが、原因不明だという。この後、ポアロにやってきた円谷光彦(大谷育江)、小嶋元太(高木渉)、吉田歩美(岩居由希子)。梓は冷蔵庫の修理を業者に頼むが、冷蔵庫は壊れていなかった。元太はライバル店の店主が夜中にケーキを壊していると推理。コナンはこの推理は違うと思いつつも、店の外にカメラを設置して閉店後の店内を撮影することに…。IOT家電やドローンが事件のキーとなるか? コナンの卓越した観察力で犯人が明らかにされる。

劇場版の公開に向けて、スペシャルな放送回が続々登場。映画の公開が待ちきれないファンには、たまらない内容となっている。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン