トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 市川猿之助が二宮和也主演「ブラックペアン」で医師役。万全の役作りで復帰後初のドラマ出演

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 03/12

市川猿之助が二宮和也主演「ブラックペアン」で医師役。万全の役作りで復帰後初のドラマ出演

市川猿之助が二宮和也主演「ブラックペアン」で医師役。万全の役作りで復帰後初のドラマ出演

TBS系で4月にスタートする二宮和也主演の連続ドラマ「ブラックペアン」(日曜午後9:00、開始日未定)に、市川猿之助の出演が決まった。主人公の外科医・渡海征司郎(二宮)が在籍する東城大学医学部付属病院とライバル関係にある帝華大学の外科教授・西崎啓介役を演じる猿之助は、「素晴らしい作品に、すてきな共演者、スタッフの皆さまと共に参加させていただけますこと、とてもうれしく思っております」と、出演の喜びを明かしている。

本作は海堂尊氏の同名小説が原作。“オペ室の悪魔”と呼ばれる天才外科医・渡海が、手術用最新医療機器・スナイプの導入をきっかけに、大学病院と製薬会社や医療機器メーカー、厚生労働省との癒着、そして“ブラックペアン”と呼ばれる特製の黒い止血用鉗子(かんし)に隠された過去を明らかにするエンターテインメントドラマ。

西崎は東城大学の教授・佐伯清剛(内野聖陽)と日本心臓外科学会の理事長の座を争っており、実績で佐伯がリードしている状況を覆そうと、スナイプを携えた高階権太(小泉孝太郎)を東城大学の新任講師として送り込もうと暗躍する役どころとなる。

2017年に行われた「スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース」の上演中に骨折する重傷を負った猿之助は、今作が復帰後初のドラマ出演とあって、「個人的に最近、優秀なお医者さまと接することが多かったので、役作りの中で存分に生かせたらと思います。一人でも多くの方々に楽しんでいただけるよう、取り組んでまいります」と意気込みをアピールしている。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン