トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 市川猿之助、二宮和也主演『ブラックペアン』で復帰後初のドラマ出演

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 03/11

市川猿之助、二宮和也主演『ブラックペアン』で復帰後初のドラマ出演

市川猿之助、二宮和也主演『ブラックペアン』で復帰後初のドラマ出演

嵐の二宮和也が初の外科医役を演じることで話題の新ドラマ『ブラックペアン』(TBS系、4月スタート、毎週日曜21:00~)に、歌舞伎役者の市川猿之助が出演。昨年10月、歌舞伎上演中に骨折後1月に復帰しており、今回は復帰後初のドラマ出演となる。

本作は、日本の医療問題を、エンターテインメントを通して提起し続けてきた海堂尊による、シリーズ累計115万部を突破した小説「新装版 ブラックペアン1988」(講談社文庫)のドラマ化。傲慢な性格と言動で周囲との軋轢を常に生んでおり、「患者を生かし、医者を殺す」と評される孤高の天才外科医・渡海征司郎(二宮)が、突如導入されることになった手術用最新医療機器・スナイプを巡る疑惑をきっかけに、嫉妬渦巻く大学病院という巨大な組織に真っ向から立ち向かい、新技術導入を巡る様々な不正や隠された過去を暴いていく、痛快な医療エンターテインメント作品だ。

猿之助が演じるのは、東京の中央にそびえる国立の雄、帝華大学・外科教授の西崎啓介。心臓外科の分野で組織的な研究力を誇る帝華大学。全国的には無名だが、個人の高い技術力を誇る東城大学と日々しのぎを削っている。「組織力の帝華大学」と「個人の技術力の東城大学」の対立に加え、西崎は個人的にも、数カ月後に控えた日本心臓外科学会の理事長選の席を東城大学の教授・佐伯清剛(内野聖陽)と争い、互いに意識しあっている。最高難度を誇る外科手術“佐伯式”により佐伯教授が一歩リードしている状況だが、そんな現状を打破するため、西崎はスナイプを携えた高階権太(小泉孝太郎)を東城大学に派遣することに。果たして西崎の野望は叶うのか? そして高階の加入により、東城大学医学部付属病院の行方はどうなるのか?

猿之助は「素晴らしい作品に、素敵な共演者、スタッフの皆様と共に参加させていただけますこと、とても嬉しく思っております。個人的に最近優秀なお医者様と接することが多かったので、役作りの中で存分に活かせたらと思います。一人でも多くの方々に楽しんでいただけるよう、日々、取り組んで参ります」と語る。

伊與田英徳プロデューサーは「舞台やテレビで拝見していて、いつか猿之助さんとドラマでご一緒したいと思っていたところ、昨年9月に舞台『スジナシ』でたまたまご一緒させていただき、ますます思いが強くなりました。今回、思い切ってオファーしたところ、運良く機会をいただくことができ大変嬉しく思います。また、昨年お怪我をされて以来、復帰作となる作品にこのドラマを選んでいただけたことに大変感謝しております。西崎は佐伯と敵対する役で、非常に重要な役どころとなります。どのような西崎教授を見せていただけるのか楽しみです」と期待を寄せている。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン