トップ > 

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧 > 佐藤浩市の息子・寛一郎、ドラマ初出演 竹野内豊の部下役に

最新のテレビ芸能エンタメニュース一覧

ニュース 2018 02/11

佐藤浩市の息子・寛一郎、ドラマ初出演 竹野内豊の部下役に

佐藤浩市の息子・寛一郎、ドラマ初出演 竹野内豊の部下役に

竹野内豊主演で、テレビ東京系にて2018年春に放送される「テレビ東京 春の開局記念ドラマ『ミッドナイト・ジャーナル 消えた誘拐犯を追え!七年目の真実』」に、佐藤浩市の息子で俳優の寛一郎が出演することがわかった。

本作は、第38回吉川英治文学新人賞を受賞した本城雅人氏の「ミッドナイト・ジャーナル」が原作。元新聞記者である著者が新聞社のリアルな内幕を描いた社会派エンターテインメント作品で、誤報を打ち飛ばされた事件記者たちが、7年越しで凶悪連続誘拐事件の犯人を追いつめるため、真実を求めて奮闘する様子が描かれる。

ドラマ初出演となる寛一郎が演じるのは、豪太郎(竹野内)とともに連続誘拐殺人事件を追う新人記者・岡田昇太役。台本を読み、「佐々部清さんが演出して、竹野内さんが主演。どうなるのか楽しみになりました」と語った寛一郎は、「ドラマ初出演ということはあまり意識しておらず、目の前の作品を1つ1つやっていく、というだけでした。佐々部監督も映画の様に撮られていたので、ドラマという感覚はなかったですね」と撮影の感想を述べた。

また、竹野内との共演について「お会いするのも初めてだったのですが、とてもフランクに、優しく接してくださる方でした」と印象を。「岡田を演じるにあたっては、一概に全員とは言えませんが最近の若者をイメージしました。その若者が上司の竹野内さんの熱く直向きなやり方に良い意味で影響・感化されていく話なので、竹野内さんのお芝居に色々と岡田を引っ張ってもらいました」と明かした。

最後に「報道は今現在、僕達の社会に欠かせないものです。ただ僕達の聴いている、見ている報道は本当に真実なのか。真実を追い求める数少ない記者の物語になっていると思います。ぜひご覧ください」と作品をアピールしていた。
  • Twitterシェアボタン
  • facebookシェアボタン