トップ > duq*****さんの感想

duq*****さんが書いた感想

122件中1~10件を表示しています。[ 前の10件 | 次の10件 ]
  • 投稿日時:2017/2/26 18:39
    9人がこの感想に票を入れています。
    いや……
    こんな事滅多にないし。

    親子でもねーし。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/26 10:39
    34人がこの感想に票を入れています。
    ミヨ
    リュウイチが連れて来たミヨ。二人で親の家に住みたいなんて、元々アホでしたが非常識に輪をかけて帰国しました。
    ヒッピーって結構寡黙です。米国のベトナム参戦に対して元は高学歴だったの若者達がドロップアウトして反戦運動を始めました。
    あのミヨちゃんは日本人なので何の思想や主張も無しにやっていると思われますがあそこまで無駄にテンション上げ上げだと、何かいけない物を飲んだり吸ったりしている気がします。
    名前ももしかしたら当初の脚本ではアスカさんと命名されていたかもかもしれません。しかし、それはまずいぞ、という事でその名前はサクラの先輩と交換しました。だってこの時代にアスカという名前はかなり稀有なので。
    サクラとケンタロー、リュウイチにミヨ。
    残りの1ヶ月はこの二組の不純異性交遊プラスアスカの葛藤からの退職とか、そんなどうでも良いエピソードが続く気がいたします。バカラシ。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/26 9:52
    8人がこの感想に票を入れています。
    名前のない…
    リュウイチは一体何年外国へ行っていたのでしょう?自分を見つける事はできたのかしら?忠さんからいくらせしめたのかわかりませんが、往復の飛行機代だけで一文無しになりそうです。後は猿岩石のような暮らしをしていたのでしょうか?
    米国のフォークロックグループ“アメリカ”のヒット曲に『名前のない馬』というのがあります。歌詞を抜粋します。

    僕は名前のない馬に乗って砂漠を旅していた
    雨が降らないのはいい気分だ
    砂漠では自分の名前を覚えていられる
    だって人を傷つける人間はひとりもいないから

    …こういう詞ですが、勝二の店とリュウイチの放浪に何か引っ掛けたのでしょうかね。この曲の登場は1972年ですけどね。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/26 8:33
    37人がこの感想に票を入れています。
    そういえば…
    昨日のノリオのセリフは
    『お風呂空いたぞ』と
    『サクラ頑張っているぞ』
    だけでしたね。
    まぁこの時代は『男は黙ってほにゃららら』の時代ですけどね。
    それを作者が意識してやっているのかは又別の話ですが。
    この作品の台本、凄く薄そう。あさきたは長セリフ多かったしな。あさきたの台本の1/3ほどの厚みではないでしょうか。役者さんにとっては楽でしょうけどね。ロケ移動も全然ないし。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/25 20:28
    54人がこの感想に票を入れています。
    見ましたよ~
    皆さんが書いているケンタローの卓上カレンダーは如何な物なのか?
    えっ!?と見た瞬間吹きました。あ…あれって…美術さん?小道具さん?誰の手抜きなんでしょう。あまりにも不細工。
    でもケンタローは開発系志望ではないし、阿部君も販売職希望だからいいんじゃない?と思います。て言うか新人3人が商品審議会とやらに参加するのもなんか変じゃねと思っています。
    ただ、サクラの場合はデザインやりたいんでしょ。面接(不正の)の時にも『私の好きな事と特技はデザインです』と自信満々に言ってたんだし。このセリフも日本語的になんだか変なんですけどね。

    あー、エプロンですか。好きな事と特技が全く活かされていませんでしたね。
    すみません。私貧乏育ちですので『ご令嬢様母子』の事は良くわかりませーん。
    脚本家様の訴えたい事もやっぱり良くわかりませーん。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/25 14:38
    38人がこの感想に票を入れています。
    ストーリーがわかってしまった
    今朝は欠員による早出で朝6時に家を出たので朝も昼も見ていませんが、“みん感”読んだらストーリーが丸っとわかってしまいました。
    成る程、サクラの遅刻はそういう事でしたか。
    それでみんなで勝二の店へ行くのですね。そこの気持ち悪い描写もわかりました。

    で、龍ちゃんようやく帰るのですね。ヒッピー風の彼女を連れて。
    まぁ、時代考証無視の作家さん的には
    70年代は万博、ヒッピー文化という認識しかないのでしょうね?
    作家さんが独自に作った昭和の年表が透けて見えます。
    だから認識が浅い。
    そういう事ですね。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/24 18:20
    39人がこの感想に票を入れています。
    貴女は人の心がわからない人だ
    スミレさん相変わらずである。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/24 17:15
    21人がこの感想に票を入れています。
    この間
    せっかく他局のBSでファミリアの歴史をやっていたので、縁故入社の馬鹿二人と阿部君という新入社員3人の研修でキアリスの商品説明とかを丁寧に披露してくれるのかとばかり思っていました。
    考えが甘かった。やはり脚本家様はファミリアの事を勉強しないままドラマ作っちゃったんですね。残念です。


    勝二出ましたね。あるよ。
    花燃ゆの時、大奥の『美味でございます~!』か『ありがたや、ありがたや』は出るか?と話題になりましたが(有働さんも言ってました)結局出なかったのである意味さすがN●Kと思ったものですが。
    この駄作についてはここまで視聴者に媚びなければもはや浮上できないと考えたのでしょう。
    全然好感度上がらないけど。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/24 8:54
    20人がこの感想に票を入れています。
    呼び名は
    スミレに対しては専務(又はバンドウ専務)、紀夫だったらシャチョーでしょう。

    今の世の中みたいに役職名をやめて全員苗字で呼びましょうなんて事はあり得なかった時代です。

    つか
    社員公募の企画に参加するのってアスカさん以下3人と新入社員3人だけ?
    奇妙過ぎる。
    感想の詳細を見る
  • 投稿日時:2017/2/24 8:45
    42人がこの感想に票を入れています。
    変な研修
    私は大学卒業後外資系の化粧品会社に就職しましたが、研修でお辞儀に3日もかけるなんて有り得ません。
    それに、まずは研修担当者が見本を見せます。やみくもに『お辞儀して。ダメ!もう一度』の繰返しなんてなんてないない。それに、接客ならばまずは笑顔です。
    どんなに丁寧に頭を下げようともブータレ顔ではその場でお客様帰りますよ?
    明美のロープレも、事前にテキスト等を作成してそれに沿って丁寧にやるはず。

    とはいえ
    大きな会社なのになんで明美にまで研修をやらせているのかさっぱりわかりません。自分の部署が暇だからでしょうか?

    それに、接客希望なのはアベ君だけでしたよね。社会人の基本事項としてお辞儀の研修は勿論必須ですが、やはりその会社の経営理念とか創設からの歴史、商品の成立ち、商品の材料、特徴、特長その他諸々、挨拶に3日かける前に覚える事は沢山あります。

    作者は本当に企業で働いた事があるの?
    甚だ疑問です。

    あ、やっぱり出ましたね。西城。
    このキャラは使い捨てではないと思っていました。きっと黒い役をやる事でしょう。
    感想の詳細を見る
122件中1~10件を表示しています。[ 前の10件 | 次の10件 ]

※「みんなの感想」はヤフー株式会社が独自に提供する機能であり、Yahoo! JAPAN IDをお持ちのお客様が自己の責任で書き込みを行っております(一部感想は「Gガイド.テレビ王国」提供です)。従いまして、放送局が提供する情報とは一切関係がありません。また、投稿内容についての放送局へのお問い合わせは、ご遠慮ください。ご意見はこちらよりお願いいたします。

あなたが書いた感想一覧

感想の多い番組(3時間以内)

感想が書き込める番組を探す

新着感想一覧

もっと見る